2007年06月04日

三内丸山遺跡

sannai.jpg三内丸山(さんないまるやま)遺跡は日本最大級の縄文集落跡です。

今から約5500年前〜4000年前の縄文時代の集落跡で、長期間にわたって定住生活が営まれていました。

平成4年からの発掘調査で、竪穴住居跡、大型竪穴住居跡、大人の墓、子どもの墓、盛土、掘立柱建物跡、大型掘立柱建物跡、貯蔵穴、粘土採掘坑、捨て場、道路跡などが見つかり、集落全体の様子や当時の自然環境などが具体的にわかりました。

JR青森駅から青森市営バス免許センター行きで30分、三内丸山遺跡前下車す
ホームページ http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/
駐車場 無料 512台
お問い合わせ 017-766-8282(縄文時遊館)

ホームページ 

遺跡は通年で公開され、自由に見学することができます。
posted by skipfine at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 主な観光スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仲町武家屋敷

hirosaki.jpg津軽の人々の心のふるさとは弘前城と岩木山と聞いているが、その弘前城と一体として歴史の風景を残しているのが、武家屋敷の町並である。

椹(さわら)垣が植えられた屋敷割りは弘前城南の寺院街(曹洞宗33ヶ寺)とともに1600年代に弘前藩で実施され、そのまま現在に至っている。

残されている江戸期の建物が少ないため、主に修景事業としてまちなみの整備が行われ、閑静な住宅街となっている。

※駐車場/なし
※ライトアップ無し 
※開館時間/AM10:00〜PM4:00 所在地/弘前市若党町・小人町・馬喰町
※入場料/無料   休館日/各住宅によって異なります。
全館休館日は8月13日と12月29日〜1月3日です

※見学時間/館内10:00〜16:00/ 外観・内観撮影自由
ねぷた・菊と紅葉まつり・雪燈籠まつり期間中は全館臨時開館
※問い合わせ 弘前市教育委員会 生涯学習課文化財係     
〒036-8551 弘前市上白銀町1-1 п@0172-35-1111 内線398

posted by skipfine at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 主な観光スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津軽藩ねぷた村

neputamura.jpg「津軽藩ねぷた村」は弘前公園向かいにある観光施設。
弘前ねぷたを常時展示しているほか、津軽の民工芸品の製作実演・体験、津軽三味線の生演奏など津軽を丸ごと体感できます。

ホームページ http://www.neputamura.com/
posted by skipfine at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 主な観光スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。